学ぶ
ホーム > 学ぶ > 日本三体虚空蔵堂 村松山虚空蔵堂
弘法大師によって創建 | 日本三体虚空蔵堂 村松山虚空蔵堂

平安時代初期の807年に、弘法大師によって創建された寺です。
日本国内には、名高い虚空蔵菩薩が三体あり、伊勢の朝熊虚空蔵尊、会津の柳津虚空蔵尊とともに、村松虚空蔵尊もそのひとつであります。
厄払い、特に人生で初めての厄年である十三歳にここで参拝すると、知恵と福徳が授けられると伝えられ、多くの参拝者が訪れています。

  • 村松山虚空蔵堂
  • 村松山虚空蔵堂
  • 村松山虚空蔵堂

村松山虚空蔵堂は、平城天皇の勅額を贈り、平安初期大同二年(807)弘法大師によって創建されました。本尊の虚空蔵菩薩は、弘法大師が鎮護国家、万民豊楽、平和祈願のために、一刀三禮の礼をつくしてお刻みになったものです。平安末期より、約500年の間、領主佐竹氏の保護を受け、近世には徳川家康公より朱印地五十石を寄進され、光圀公の庇護のもと栄えてきました。

年間行事

  • 正月初詣護摩(1月1日~7日)

    正月初詣護摩(1月1日~7日)

    一年の初めに本尊 虚空蔵菩薩を参拝し、その年の無事を祈ります。

  • 節分追儀式(2月3日)

    節分追儀式(2月3日)

    歳男、歳女が集まり豆をまくことで、難儀・邪気を除き、福を招く法会で立春の前日に行われます。

  • 学年祭、十三参り(3月25日~4月5日)

    学年祭、十三参り(3月25日~4月5日)

    数え年の十三歳(満十二歳)は、男女とも人生最初の厄年であり、同時に心身ともに大人へ成長する年齢です。この歳に虚空蔵菩薩に一代の開運を祈願します。


  • 大祭、弓道大会(4月3日)

    大祭、弓道大会(4月3日)

    大祭を記念して、村内外から多くの参加者が集い、村松山弓道大会が行われます。

  • 七五三詣り(11月)

    七五三詣り(11月)

    三歳、五歳、七歳の子供の健やかな成長を願う日本古来の年中行事です。

  • 護摩祈(毎日)

    護摩祈(毎日)

    護摩祈願は、毎日行われ、参拝された方々の諸願成就をお祈りいたします。


  • 御縁日(毎月13日)

    御縁日(毎月13日)

    十三仏の十三番目が虚空蔵菩薩であることなどから、毎月十三日が縁日とされています。


詳細情報

名称
日本三体虚空蔵堂 村松山虚空蔵堂
住所
茨城県那珂郡東海村村松8
お問い合せ先
TEL 029-282-2022
FAX 029-282-1816
HP
http://www.taraku.or.jp

大きな地図で見る